Dole Logo
THIS WEBSITE IS ON PRELIMINARY TESTING.

バナナと血圧

気になったら、はじめよう!
バナナでおいしく健康習慣
GABAが
高めの血圧を
下げるしくみ

健康診断で
「血圧高め」と診断されてしまった…。
でも何からはじめていいかわからず、
そのままにしている方は、
意外と多いのではないでしょうか。
しかし、心筋梗塞や脳梗塞などの
重大な「血管事故」の危険が
迫りつつあることを
意識したことはありますか?

血圧は気になるけれど
忙しくてなかなか生活改善が難しい、
そんな方におすすめしたいのがバナナです。
手軽に食べられる果物として、
幅広い世代に親しまれているバナナには、
さまざまな栄養素がギュッと詰まっています。
しかも、高めの血圧に役立つ成分が
含まれているのです。

おいしくて、食べやすいバナナを
毎日の食卓に取り入れて、
健康習慣をはじめてみませんか。

血圧高めの方に
特徴はあるの?

血圧が高めでも自覚症状はほとんどない場合が多いです。頭痛やめまい、肩こりなどの症状を伴うことはありますが、普段から血圧を測定していなければ気づかないことがよくあります。

しかし、自覚症状がなくとも、水面下では静かに進行して、いつの間にか高血圧症に脅かされていたというケースも少なくありません。

そもそも血圧とは?血圧が高いことの危険性

血圧とは、心臓から全身に送り出された血液が、血管の内壁を押す力(圧力)のことです。体の中で血管のない部分はほとんどないので、その影響は全身に及びます。

血圧測定では、よく「上は135、下は80」という言い方をしますが、「上の血圧」とは心臓が収縮して血液を押し出すときの圧力のことで、「収縮期血圧(最高血圧)」といいます。一方、「下の血圧」は「拡張期血圧(最低血圧)」といい、心臓が緩んで押し出した血液が戻ってくるときの血圧です。

血圧が高い状態が続くと、血管や心臓に負担がかかるため、心臓や脳の病気を引き起こす可能性が高まります。
また、理想的な血圧値を超えて血圧が高くなればなるほど、脳卒中や心筋梗塞などの発症率や死亡率が増えることがわかっています。

血圧が高いことの危険性
血圧が高いことの危険性

日本高血圧学会による
「高血圧治療ガイドライン2019」では、
診断室血圧が140/90mmHg以上(家庭血圧は135/85mmHg以上)の場合、
高血圧と定義しています。
さらに、正常高値血圧とされる120/80mmHg以上のすべての場合に対して、
生活習慣の改善を行うことが
推奨されているのです。

たとえ高血圧に至らなくても
「血圧が高め」と言われたら、
血圧を下げる努力をしましょう。

血圧が高くなる
習慣、原因

高血圧の種類は大きく分けて「本態性高血圧」と「二次性高血圧」の2つに分類されます。二次性高血圧とは、腎臓の病気やホルモン異常などが原因で起こる高血圧です。

日本人の約90%は、原因のはっきりしない本態性高血圧といわれ、味の濃い食事を好む食生活や、肥満、飲酒、喫煙、運動不足、ストレスなど、いくつかの要因が組み合わさって起こると考えられています。なかでも問題視されているのが、食塩の過剰摂取です。

こうした背景から、食生活を中心とした生活習慣を見直すことが、高血圧の予防や改善につながると考えられます。毎日の食事では、塩分を控えめにして、新鮮な野菜や果物をとり、バランスのよい食事を心がけましょう。

また、働き盛り世代が見逃してはならないのが、ストレスによる血圧の上昇。十分な睡眠時間を確保し、自分の好きなことで気分転換をはかるなどして、ストレスを溜めない工夫が大切です。

血圧に、
なぜバナナが
おすすめなのか

バナナを食べて血圧のケア

それではなぜ、バナナを食べることが血圧のケアに役立つのでしょうか。ポイントになるのが、バナナに含まれるカリウムと「GABA(ギャバ)」という成分です。 その名前自体は聞いたことがある方も多いかもしれません。

GABA(γ-アミノ酪酸)とは、野菜や果物に広く含まれるアミノ酸の一種で、興奮した神経を鎮める神経伝達物質です。

体内でGABAが吸収されると、交感神経を抑制するので、血圧が高くなるのを抑制する働きがあります。 この効果に加えて、バナナに多いカリウムには、体内の余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きがあるので高めの血圧にはもってこいです。

機能性表示食品のバナナ

Doleのバナナには、GABAが含まれており、GABAを1日当たり12.3mg摂取すると、血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されています。

Doleのバナナの可食部120g(1~3本)に含まれるGABAの量は約6.2mgで、機能性が報告されているGABAの摂取目安量の50%に相当します。

※一部商品は除く

機能性表示食品のバナナ

ひと味違うバナナのアレンジレシピ

そのまま食べてもおいしいバナナですが、
アレンジして楽しむのもおすすめです。
ここでは、
Doleのサイトで人気のレシピをご紹介します。
ささっと作れるので、ぜひお試しください。

バナナのアフォガード
バナナのアフォガード
冷たくて甘い、でも濃厚!
バナナのGABAと一緒にひんやりアイス
バナナのアフォガード
材料〈2人分〉
  • 熟した冷凍バナナ  2本分(200g)
  • 牛乳  大さじ2
  • サラダ油  小さじ1
  • バナナ(飾り用) 1本
  • ミックスナッツ  5g
  • エスプレッソコーヒー  2杯
作り方
  1. フードプロセッサーに冷凍バナナ、牛乳、サラダ油を入れなめらかになるまで撹拌し、保存容器に移し冷凍する。
  2. 器に1を盛り付け、バナナの輪切り、ミックスナッツを上にかける。エスプレッソコーヒーを入れ上からかける。
バナナとトマトの食べる豆乳スムージー
バナナとトマトの食べる豆乳スムージー
食べる感覚で楽しむ
トマトと豆乳とGABAを含む
バナナのハーモニー
バナナとトマトの
食べる豆乳スムージー
材料〈2人分〉
  • バナナ  2本(200g)
  • トマト  1個(100g)
  • 豆乳  100ml
作り方
  1. バナナは輪切りにする、トマトはザク切りにする。
  2. ミキサーに全ての材料を入れなめらかになるまでよく撹拌する。
  3. グラスに注ぐ。

バナナを毎日の習慣に

年齢を重ねるにつれ、
血圧は上がりやすくなります。
高めの血圧が気になる方は、
今のうちに生活習慣を見直して、
血圧コントロールをすることが重要です。

味付けの濃い食事や、
ストレスによる自律神経の乱れは、
血圧を上げる要因になります。
忙しくて食事をとる余裕がないときでも
手軽に食べられGABAも含まれるバナナは、
栄養補給だけでなく、
血圧ケアとしても役立ちます。

いつまでも健康で楽しい毎日が送れるよう、
血圧管理のためのバナナを
習慣にしてみてはいかがでしょうか。

木内 苑子

監修:木内 苑子

大妻女子大学管理栄養士専攻を卒業後、管理栄養士免許を取得。
現在は、織田栄養専門学校で講師を務める。
専門分野は、調理学(調理科学)・調理実習・給食実習。