Dole Logo
THIS WEBSITE IS ON PRELIMINARY TESTING.

バナナの栄養と機能性

バナナの保存方法について

バナナの保存方法

バナナは正しく保存すれば、栄養素を損ねることなく長持ちします!
正しい保存方法を知って、バナナを長くおいしく楽しみましょう!

通常

理想的な保存方法は、まず包装してある袋から出し、直射日光の当たらない14~20℃くらいの風通しのよい涼しい場所で、バナナスタンドなどにつり下げて保存する方法です。(長持ちさせたい場合は14~15.5℃くらいの温度が理想)。バナナスタンドがない場合は、袋から出した後、カーブしている部分を上にして山型に伏せて置くと良いでしょう。バナナの房は仰向けに置くと、房全体の重みで下の部分がつぶれ、早めに傷んでしまうので注意しましょう。

冷蔵庫

バナナの保存場所として、庫内の温度が低い冷蔵庫は、実はあまり適した環境とは言えません。バナナは13.5℃を下回る場所では熟成が進まず、皮も黒ずんでしまうからです。もちろん、皮が多少黒ずんでも果肉の鮮度はある程度保たれるので、夏場など日持ちが難しい時期には冷蔵庫でも温度が下がりすぎない野菜室を利用して保存しましょう。

バナナの冷蔵庫保存で、気をつけたいのは次の点です。
・ バナナがお好みの状態に熟した状態で冷蔵庫へ。
・ 包装の袋から出し、新聞紙に包み、ビニール袋に入れて保存。
・ 房のままで入らない場合は、1本ずつビニール袋に入れ、口を縛って保存。
このように新聞紙にくるむことで、湿度を程よい状態に保つことができるほか、直接バナナに冷気が当たるのを防ぐこともできます。食べるときは、冷蔵庫から出し、しばらく常温に置きましょう。これは冷蔵庫から出した直後は、バナナのでんぷん質が固まっていて甘さがあまり感じられないことがあるためです。

冷凍庫

バナナを冷凍庫で保存するときには、お好みの状態に熟してから皮をむき、1本ずつラップに包んで冷凍庫に入れましょう。凍ったバナナをアイスバナナとしてそのまま味わうのも良いですし、牛乳などとミキサーし、ジュースにするのもおすすめです。冷凍庫から出して自然解凍するのはおすすめできません。元の状態に戻らず、柔らかくなりすぎてしまうためです。

夏場

夏の暑い時期は、上記のように冷蔵庫の野菜室での保存も良いでしょう。シュガースポットが出るなどお好みの熟度になったバナナを、新聞紙とビニール袋で包んで野菜室での保存をおすすめします。バナナがほどよく冷えて、暑い時期もおいしく召し上がれます。しかしここで気をつけたいのは、冷蔵庫の温度が低すぎたり、長時間保存しすぎてしまうこと。この場合、皮が黒くなってしまう(追熟したのではなく低温障害による色の変化です)ことがありますので、気をつけてください。

冬場

バナナは13.5℃以下になると熟成が止まってしまうという特徴があります。冬場は気温が下がりがちですので、リビングやダイニングなどのできるだけ人の出入りがある比較的暖かい場所で袋に入れたまま保存しましょう。最も室温が下がる夜間は、比較的冷えにくい場所(高い所や風の当たらない場所)で、新聞紙や毛布などに包んで保存してください。

バナナの保存方法

バナナの食べごろ

フルイエローが食べごろ!

バナナはどのように輸入されるかご存知ですか?黄色く熟した状態で収穫され、そのまま店頭に並ぶとイメージされている方も多いようですが、実はフィリピンなどの原産地から運ばれてきて日本に陸揚げされるのは、硬く未成熟な「青バナナ」だけ。熟成した果実はやわらかくなり傷みやすく、害虫もつきやすくもなるので、黄色いバナナの輸入は日本では行っていません。
食べごろは、下の図の過程を経てフルイエローの色になったときです。

加工場到着時から食べごろまでの色の目安

皮にできる茶色い斑点がでたら

キリンの模様のような茶色い斑点は「シュガースポット」と呼ばれています。バナナが熟して甘くなると出てくるので、そのように呼ばれています。皮をむくと果肉はきれいなままで、栄養価も最高!もちろん、おいしく召し上がれます。

バナナの栄養素 バナナのおいしいレシピ