• トップページ
  • 極選の理由
  • 試食調査結果
  • 取扱店舗

極撰の理由

選び抜かれたバナナ

品質の選定

世界には、日本に多く流通しているキャベンディッシュ種や、フィリピンで食べられているラカタン種、モンキーバナナの通称でおなじみの セニョリータ種など、様々な品種が存在します。それらのバナナを、糖度・香り・サイズ・栄養成分・収穫効率等を基準に選定を行っています。
その数なんと100種以上。毎日様々なバナナに囲まれながら、よりおいしいバナナをお届けするために研究しています。

栽培地の選定

バナナは、単子葉類ショウガ目バショウ科バショウ属の多年草です。この分類からも分かるように、太い木のように見える部分は草の為、大変倒れやすい植物です。バナナの選定に関しては、風が弱く、水はけの良い、一定の降水量が見込めるエリアを選定します。また栽培の標高によっても大きく特徴が異なります。
標高500m以上の高地で栽培すると、夜の気温が急激に下がるため、温暖な低地と比較してじっくりと成長します。その為、低地栽培品が 10ヶ月で収穫できるのに対し、高地栽培品は1年以上とより長い期間が必要となります。 しかしながら、昼夜の寒暖さが大きい高地で栽培すると糖分に変換されるデンプン質が増え、甘いバナナに生育します。
極撰バナナは正にこの高地栽培バナナ。甘さがたくさん詰まっています。

テスト栽培

そのバナナが販売するにふさわしいかを確認するため、 テスト栽培を実施しています。既存で販売している種類と条件を合わせ、 同じ園地で並べて栽培し、その違いを研究しています。 そしてそれを数回繰り返すことで、データの蓄積を行っております。

もっちり、濃い甘さ。

極撰の理由

PAGE TOP