\食育と栄養学/

食育と栄養学

正しい知識でこれからの毎日を楽しく #:90 2010.02.23更新 <監修: 医学博士 長野美根>

ブロッコリーミニ事典

ブロッコリーは小さな花のつぼみが密集した花野菜。栄養豊富な緑黄色野菜で、味にくせがなく、食べやすいのも人気です。そんなブロッコリーの魅力を、買ってきてから食べきるまで、もっと楽しむためのお役立ち情報です。

栄養

生活習慣病予防や皮膚の健康維持を助けるカロテンが豊富です。また、ビタミンCはレモン果汁の2.4倍も含まれ、ゆでたもの200gほどで1日の所要量を摂れます。カルシウムの骨への定着を促して骨を丈夫にするビタミンKも豊富。イソチオシアネートが多いのも特徴です。

栄養アップ術 短時間加熱でビタミンCをキープ

栄養アップ術 短時間加熱でビタミンCをキープ

ビタミンCの損失を抑えるには、新鮮なうちに短時間でゆで上げるのがコツ。電子レンジ加熱なら、短時間でゆで上がるうえ、ゆで汁にビタミンCが溶け出さないのでおすすめです。小房に分けて耐熱容器に入れ、ラップで覆って電子レンジにかけます。

下ごしらえ

つぼみの部分は小房に分け、茎の部分は表面のかたい表面を厚めにむいて、食べやすく切ります。沸騰した湯に塩をひとつまみ入れて、茎を入れ、次につぼみを入れてゆでます。やわらかくなりすぎないように早めに湯から引き上げ、水にとらずにざるなどに広げて冷まし、余熱が入らないようにします。グラタンやシチューなど、後で加熱調理する場合はかためにゆでるのがコツです。

おいしい下ごしらえ術 茎もおいしく有効活用

おいしい下ごしらえ術 茎もおいしく有効活用

茎の部分にもうまみも栄養もあるので、むだなく使い切るのがポイント。歯ごたえを生かして、きんぴらやピクルスにしてもおいしく食べられます。

保存方法

買ってきたら、乾燥しないようにラップで包んで冷蔵庫で保存します。小房に分けてゆで、密閉容器に入れて冷蔵すれば2~3日保存可能。冷凍すれば1カ月ほど保存できます。

スピードアップ保存術 ゆでて保存すれば、すぐに使えて便利

スピードアップ保存術 ゆでて保存すれば、すぐに使えて便利

小房に分けてゆでておけば、すぐにサラダや付け合わせに使えます。冷凍保存したものは、シチューや炒めものなど加熱調理する場合は凍ったまま加えればOK。スピードアップになるうえ、うまみも逃げません。