\ライフスタイル/

ライフスタイル

果物と野菜を中心とした生活を #:212 2015.09.25更新 <監修: 医学博士 長野美根>

フルーツサンドが女子に人気!

フルーツパーラーには昔からあったメニューのフルーツサンド。なぜか今、再ブレイクしています。フルーツの酸味と生クリームの甘さのマッチング。スイーツ感があるのにボリュームもたっぷり。色とりどりのカラフルな可愛らしさも女子好みです。おいしいフルーツサンドを、自分好みのフルーツで手作りしてみませんか。コツさえつかめば、案外手軽に作れます。

美味しく作るための4つのコツは

コツ パンは8枚切りがよい。
パンは食パンを使うと、切り口をいろいろに楽しめます。サンドイッチ用の12枚切りを選びがちですが、少し厚めの8枚切りがおすすめ。そのほうが具をたっぷりはさんで切り分けても、仕上がりがきれいになり、生クリームとふわふわのパン生地との調和も楽しめます。

コツ 生クリームは固めに立てる。
生クリームは砂糖を多めにして甘めにすると、フルーツの酸味と調和します。ダレないように固めに立てるのがポイント。時間のないときは、市販のホイップクリームを利用してもよいでしょう。甘さも固さもフルーツサンド向きです。クリームはパンとフルーツが直接ふれないように、フルーツどうしの間に隙間ができないように、たっぷりと塗りましょう。

コツ フルーツは水気をしっかり切る。
フルーツはサンドしやすい大きさに切ったら、ペーパータオルなどにならべて、余分な水気をしっかり切っておきます。パンを切ったときの断面を想像しながら、彩りよく並べましょう。フレッシュフルーツだけでなく、缶詰やシロップ漬けを組み合わせると、味や食間に変化がついて、バランスが良くなります。

コツ 切る前に必ず冷蔵庫で冷やす。切る前に必ず冷蔵庫で冷やす。
好みのフルーツとクリームを食パンでサンドしたら、ラップをして冷蔵庫で30~1時間くらい冷やしましょう。具が落ちついて切りやすくなります。
以上に気をつけて、上手にフルーツサンドを作ったら、よく切れるナイフを少し温めて、ペーパーで拭きながら切り分けましょう。慣れたら、クリームにチーズやカスタードクリームなどを混ぜて、アレンジをしてもよいでしょう。

カラフルフルーツサンド

カラフルフルーツサンド

1)パイン缶、いちご、キウイはそれぞれ5ミリ厚さ程度に切り、ペーパータオルに並べて水気をよく切る。

2)サンド用の食パンに、甘めの生クリームを広げて塗り、1を彩りよく並べ、上から生クリームをたっぷりかぶせて、食パンではさむ。

3)2をラップに包んで、冷蔵庫で30~1時間冷やし、落ちついたら切り分ける。

チョコバナナサンド

チョコバナナサンド

1)食パンに市販のチョコレートペーストを広げ、好みのナッツを刻んで散らす。

2)バナナは皮をむき、長さを食パンに合わせて切り、切ったときバナナの断面が円く見えように1の上に並べ、生クリームをたっぷりかぶせて食パンではさむ。

3)2をラップに包んで、冷蔵庫で30~1時間冷やし、落ちついたら切り分ける。