\女子力アップ/

女子力アップ

ドールのコラムで女子力アップ #:162 2013.02.19更新 <監修: 医学博士 長野美根>

ブーツの疲れはフットバスで解消を!

冬のファッションには欠かせないブーツですが、毎日履き続けていると思いがけないトラブルも起こりがち。足のむくみや臭いなどの悩みはありませんか。ブーツで長時間圧迫された足はむくみやすく、また放っておいた角質が、足裏の汗を吸って雑菌を繁殖させて臭いのもとになるのです。そんなときは自宅で手軽にできるフットバスでケアをしましょう。ブーツによるトラブルも解決するうえ、全身のリラックス効果も得られますよ。

ヨーロッパでは昔から「部分浴」が盛んでした

最近では温泉地だけでなく、都会でも「足湯カフェ」が登場するなど、フットバスの人気が高まっています。しかしヨーロッパやアメリカでは、昔から「足浴」や「手浴」などが日常的に行われていたようです。たとえば風邪気味でお風呂に入れないときや、冷え性で寝付きが悪い人、運動不足のお年寄りなどにも欠かせないものでした。
 フットバスのメリットはとにかく手軽にできること。洗面器とお湯さえあれば、狭い場所でもOKです。しかもその効果はあなどれません。まずブーツで汗をかいた足をさっぱりと清潔にします。また締めつけられていた足の血行をよくすることで疲れを除き、むくみや痛みを軽減します。そのうえ足先を温めることにより、体全体の血液の循環もよくなるので、全身が温まってよく眠れます。

自分だけのフットバスタイムを演出してみませんか

自分だけのフットバスタイムを演出してみませんか

フットバスの効果が注目されるにつれて、ジェット噴流やスチーム機能などが装備された電動の器機なども出回っています。あわてて購入する前に、まずは手近な洗面器やバケツなどで試してみましょう。(金属製のボウルや洗面器は火傷の危険があるので避けましょう)両足の指をのばした状態でスッポリ入る大きさならOK。
 容器を防水シートにのせて38度前後のお湯を注ぎ、足を入れたら10分前後を目安に行います。お湯の温度は好みですが、差し湯用のポットも用意しておくとよいでしょう。素敵なタオルを揃えたり、好みのエッセンシャルオイルやバスソルトをお湯に入れれば、リフレッシュ効果はマックス。お部屋でテレビを見たり、読書をしながら自分だけのリラックスタイムを演出してください。

気になる臭いは、角質ケアと柑橘系の香りで解消を

かかとなどの角質の手入れをサボっていると、ブーツの中で汗を吸って悪臭の原因になることも。フットバスのついでにお手製のソルトスクラブ(粗塩小さじ3に好みのエッセンシャルオイルを2~3滴加える)で角質をこすりましょう。
 また気になる足の臭いを消してくれるエッセンシャルオイルは、レモンやベルガモットなど柑橘系のものが爽やかで効果的です。むくみ対策には樹木系のジュニパーやサイプレスがおすすめ。またリフレッシュしたいときには、ラベンダーやカモミールなどのお花の香りが最適です。これらのオイルは、湯に1~3滴落としたら、十分にかき混ぜて使いましょう。
 足裏はエッセンシャルオイルの吸収がとくによい場所と言われています。フットバスタイムには、お好みの香りを用意してお楽しみください。