\健康/

健康

からだによいこと、つづけて元気に #:191 2014.08.05更新 <監修: 医学博士 長野美根>

炭酸水で健康美人になろう!

最近では家庭用のソーダメーカーも出回るほど、ちょっとしたブームになっている炭酸水。しかし炭酸水の歴史は古く西洋では2000年以上に及ぶともいわれています。かのフランス国王ルイ16世の王妃、マリー・アントワネットも炭酸水のお風呂に入ってその美貌を保っていたとか。

リフレッシュ効果が抜群の飲み物

リフレッシュ効果が抜群の飲み物

炭酸水が健康や美容によいというエピソードや逸話は多く、体験的に語り継がれてきました。シュワッと口のなかで弾ける爽やかな飲み心地は気分をリフレッシュさせ、心にも体にもよい影響をあたえてくれそうです。最近ではこの炭酸水を上手にダイエットメニューにとり入れている人たちがいます。炭酸水は発泡性なので、飲めばふつうの水より胃が膨脹します。つまり食欲が感じにくくなるのです。炭酸水をタイミングよく飲むことで食事量が減らせて、早く満腹感を得ることができれば、自然とダイエットの助けになるというわけです。
 炭酸水の効果は、肌からの吸収でも若干得られると言われています。長く使ううちに肌の代謝を促して、新しい肌細胞を作りだすサポートが期待できるかもしれません。そこでマリー・アントワネットに負けじと、洗顔やシャンプー、炭酸ミストも世の女子たちに大人気なのです。確かに炭酸水は肌への浸透性が高く、古い角質や毛穴の汚れを除く力があるので洗顔には適しているようです。もう一つうれしいことに、飲むことで胃を刺激し、腸のぜんどう運動を促して便秘解消にも働きます。気になるにきびや吹き出物の悩みもなくなれば、合わせて美肌ゲットにパワーを発揮しそうですね。

ただし飲み過ぎにはご注意を

美と健康を求める人々にブームの炭酸水ですが、ゆだんをして飲みすぎるのはよくありません。まず暑いこの時期は、冷やしすぎた炭酸水をたくさん飲みがちです。体が冷えないよう、程よく冷やした程度にしておきましょう。また炭酸水は酸性なので、極端に飲みすぎると体が酸性に傾き、かえって代謝が悪くなって疲れやすくなったり、だるくなることもあります。さらに過剰に飲み続けていると「酸しょく歯」という歯のトラブルにつながります。酸により歯の表面のエナメル質が溶けて、歯が黄ばんだり、もろくなったりするのです。これはほかの炭酸飲料にも同じことが言えます。歯磨きは炭酸水を飲んだ直後ではなく、1~2時間経ってからにするとよいでしょう。
 ブームだからとやみくもに大量に飲むのではなく、自分に合った飲み方や活用方法を見つけて上手に飲み、炭酸水のパワーを味方にしてください。