2004年6月
生産から流通・販売までを一括管理
国産野菜の新ブランド

I LOVE(I Live on Vegetables)登場!!
栽培情報や料理レシピを携帯電話から検索できるQRコードを導入
I LOVE(I Live on Vegetables)登場!!
 株式会社ドール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ジェームス・プリドー)では、この度、生産から流通・小売店販売までを一括管理し、「安心・安全」「おいしさ」「鮮度」を徹底的に追求した国産野菜の新ブランド『I LOVE』(I Live on Vegetables)を立ち上げ、「I LOVEブロッコリー」と「I LOVEあしながブロッコリー」を6月中旬から発売いたします。「I LOVEブロッコリー」は、298円~398円と通常のブロッコリーより高価格であるにも関わらず、3月のテスト販売では、連日完売店が出るほどの人気で、早くもリピーターを獲得しました。「I LOVEあしながブロッコリー」は、中国芥藍(ちゅうごくかいらん チャイニーズブロッコリー)とブロッコリーを交配させた新商品で、ブロッコリーに比べ茎が細く、茎すべてを美味しく食べられる野菜です。また秋からは、「I LOVEローメインレタス」を発売予定で、今後順次新商品の導入と品揃えの拡大を行う予定です。

  ドールは、2001年より福島県、福井県、北海道、鹿児島県、千葉県で農業生産法人を立ち上げ、生産地を組織化することで年間リレー出荷※1を可能にし、また、種、農薬、肥料等をドールの技術者が一括管理することによりトレーサビリティシステムを確立しました。加えて、産地から運送途中・店頭にいたるまで、商品が最もおいしく新鮮に保たれる"2℃"を保つための体制を整えているため、従来よりも「安心・安全」「おいしさ」「鮮度」を追求した商品提供が可能となりました。長年培ってきた生産ノウハウ、物流システム、販売計画を一本化し、新しいサプライチェーン・マネージメントを確立し、国産野菜市場に本格的に参入いたします。

  『I LOVE』発売プロモーションとして、片岡護氏、脇雅世氏をはじめとした著名なシェフや料理研究家を起用し、季節ごとに『I LOVE』野菜を使用したオリジナルレシピを開発。おいしい食べ方の提案を店頭POPやリーフレット、ドールホームページで紹介いたします
なお、『I LOVE』商品パッケージに印刷されたQRコード※2をQRコード対応の携帯電話で読み取ることにより、生産者、生産地、栽培情報や料理レシピを『I LOVE』携帯サイトを通じて閲覧可能です。『I LOVE』のホームページと携帯サイトのURLは、7月7日より http://ilove-yasai.jp にて開始致します。

※1 年間リレー出荷 生産地を広範囲に組織化することで、年間を通して商品の安定供給を可能にした出荷方式。
※2 QRコード 縦・横方向の模様で数字・漢字・ひらがな・記号などを表現している2次元コードの1つで、
現在一般化しているバーコードよりも多くの情報を収納することができる。
「ドール『I LOVE』」商品概要
■ブランド名 『I LOVE』(I Live on Vegetables)
■ 特徴
生産から小売店販売に至るまで、すべて「I LOVEの専門スタッフ」が
管理しています。
その野菜に適した畑選び、土づくり、栽培方法で育てています。
年間を通して「I LOVE」独自の基準に合格した一定の商品だけを
提供しています。
鮮度を保つため、その野菜に適した梱包形態、温度管理でお店まで
運んでいます。
畑、生産者、栽培方法、流通経路などお店に届くまでの情報を管理し
開示しています。
レシピやメニュー紹介など、楽しいクッキングライフに役立つ情報を
提供しています。
■商品ラインアップ
I LOVEブロッコリー I LOVEあしながブロッコリー
I LOVEブロッコリー
I LOVEあしながブロッコリー
商品名 「I LOVEブロッコリー」(6月中旬発売)
希望小売価格 298~398円(税込み)
梱 包 発泡スチロール製カートンボックス
商品規格 1箱15玉入り(直径13cm以上)
重 量 約7~8kg
産 地 北海道、福島県、千葉県、福井県、鹿児島県

商品名 「I LOVEあしながブロッコリー」(6月中旬発売)
希望小売価格 248~348円(税込み)
梱 包 茎まで美味しく食べられる国産あしながブロッコリー
商品規格 発泡スチロール製カートンボックス
重 量 1箱20束入り(長さ18~23cm)
産 地 5~8本
重 量 2.4~3kg
産 地 北海道、福島県、千葉県、福井県、鹿児島県
■ QRコード
『I LOVE』 QRコード 『I LOVE』情報が携帯電話から得られるQRコード
「片岡護(かたおかまもる)」プロフィール
<略歴>
1948年生まれ。リストランテ「アルポルト」オーナーシェフ
1968年から5年間ミラノで日本総領事館の公邸付きのコックとして勤務。帰国後、東京・代官山の「小川軒」で2年の修行を経て、南麻布「マリーエ」のチーフシェフを6年務める。1983年西麻布に「アルポルト」を開店。現在は西麻布の巨匠として、テレビ、雑誌、各地での料理教室や料理フェアなどでも活躍し、レストランのプロデュースも手掛ける。著書多数。
片岡護(かたおかまもる)
あしながブロッコリーのパルメザン風味
あしながブロッコリーのパルメザン風味
 【材料(1人分)】  
 ・あしながブロッコリー 100g
 ・塩 少々
 ・こしょう 少々
 ・パルメザンチーズ 大さじ1
 ・溶かしバター 10g
 ・目玉焼き 1個
 ・パセリのみじん切り 少々
 ・バター 15g
【作り方】
1 あしながブロッコリーを根元の固い部分で切り、色よくゆでておく。
2 バットに1をのせ、塩、こしょう、パルメザンチーズ、溶かしバターをかけてオーブンで軽く焼く。
3 皿に2を盛りつけ目玉焼きをのせ、あたためたバターをソースとしてかけ、パセリのみじん切りをふる。
「脇雅世(わきまさよ)」プロフィール
<略歴>
脇雅世料理教室主宰/服部栄養専門学校国際部ディレクター
1977年より1984年まで、フランス料理習得のためパリに滞在。コルドン・ブルー・パリ校、トゥール・ダルジャン、マキシム・ド・パリ他で研修。1980年から11年間、24時間耐久レース「ル・マン」にマツダ・レーシング・チームの料理長として参加。1984年より服部栄養専門学校国際部ディレクター。フランスの著名なシェフたちの講習会をコーディネートする。1986年脇 雅世料理教室を開設。1994年よりNHK「きょうの料理」へレギュラー出演。料理に関する書籍・映像の企画・制作、料理・菓子講習会の開催、レストランのコンサルティングなどを通しさまざまな食のフィールドで活動中。
脇雅世(わきまさよ)
デリ風ブロッコリーサラダ
デリ風ブロッコリーサラダ
 【材料(1人分)】  
 ・ブロッコリー 1株
 ・かぼちゃ 1/4個(300g)
 ・いか 1杯
 ・玉ねぎ 大1/4個
 (A)  
 ・白ワインヴィネガー 大さじ1
(又は酢大さじ1と 1/2)
 ・塩小さじ 1/3
 ・こしょう 少々
 ・サラダ油 大さじ3
【作り方】
1 かぼちゃは種と皮を取り除き一口大に切って耐熱ボウルに入れる。
2 1にラップをして500Wの電子レンジで途中上下を返しながら5分かける。
3 2の水分をきり、フォークでざっとつぶし粗熱を取る。
4 いかは胴から足を抜いて皮をむき、塩少々(分量外)を加えた湯でさっと茹で、粗熱が取れたら薄めの輪切りにする。
5 ブロッコリーを小房に分け、塩少々を加えた湯で茹で、ザルに広げて冷ます。
6 Aを小さなボウルでよく混ぜ合わせておく。
7 玉ねぎを薄切りにし、3、4、5、6と共に入れ、混ぜ合わせる。
top