2007年7月
協同乳業株式会社と共同開発
ドール初のフルーツヨーグルト

『ドール パイナップル&ヨーグルト』
『ドール ピーチ&ヨーグルト』

7月24日(火)より関東エリア先行
7月31日(火)より全国のコンビニエンスストア・量販店で新発売
 株式会社ドール(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ジェームス・プリドー)は、ドールブランド初のフルーツヨーグルトデザートを協同乳業株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長岡満夫)と共同開発し、『ドール パイナップル&ヨーグルト』と『ドール ピーチ&ヨーグルト』の2商品を7月24日(火)より関東以北エリア、7月31日(火)より全国(沖縄を除く)のコンビニエンスストアや量販店で新発売します(各、内容量:140g、希望小売価格:130円=税別=、製造・販売:協同乳業株式会社)。

 『ドール パイナップル&ヨーグルト』『ドール ピーチ&ヨーグルト』は、果実にこだわったフルーツヨーグルトで評価の高い協同乳業のヨーグルトと、独自の栽培方法で日本人の味覚にベストフィットするドールのフルーツが出会って誕生した新しいフルーツヨーグルトです。
果肉のしっかりとした食感をたっぷりと味わいたいという最近のフルーツヨーグルトニーズに応え、内容量140gで、最も食感のよいサイズにカットしたフルーツが、『ドール パイナップル&ヨーグルト』は内容量の約5分の1、『ドール ピーチ&ヨーグルト』は約4分の1入っています。
上記2商品は20~40歳代の男女をメインターゲットとし、初年度8億円の売上を見込んでおります。

『ドール パイナップル&ヨーグルト』『ドール ピーチ&ヨーグルト』新発売
果肉の食感と風味がたっぷり味わえる新フルーツヨーグルト
左:『ドール パイナップル&ヨーグルト』、右:『ドール ピーチ&ヨーグルト』
■商品特徴
『ドール パイナップル&ヨーグルト』
140gの大容量フルーツヨーグルト。
ドール独自の栽培方法で日本人の味覚に合わせて生産されたパイナップルを、内容量の約19%(約27g)使用。
くずれにくい32分の1カットのパイナップルを使用。
たっぷりの果肉とコクのあるヨーグルトを、最後までバランスよく食べることができる。
『ドール ピーチ&ヨーグルト』
140gの大容量フルーツヨーグルト。
13㎜カットのピーチの果肉を、内容量の約24%(約34g)使用。
追熟させ香味をきわだたせた大久保種の白桃ピューレを使用し、味と香りを整えた。
たっぷりの果肉とコクのあるヨーグルトを、最後までバランスよく食べることができる。
 
ヨーグルトは、フルーツの風味や爽やかさを生かすスッキリとしたベースになっています。
容器は楕円形カップを使用し、上蓋とカップのロゴ・デザインのズレが無く、正面を向くように設計されています。
■商品ターゲット/食シーン
20~30歳代の単身・独身男性層を中心に、20~40歳代の男女
おやつ、デザート、軽食など
■新商品開発の市場背景
コンビニエンスストアのフルーツヨーグルト購入層は、6:4で男性の方が女性よりも多く、フルーツの果肉の大きさと量に対するニーズが高い傾向があります。
今回、上記の層をメインターゲットに、ボリューム感のあるフルーツヨーグルトを、乳製品大手の協同乳業と世界規模で青果物の生産販売を行うドールが共同で開発し、コンビニエンスストアや量販店で販売するに至りました。
■商品概要
商品名 ドール パイナップル&ヨーグルト ドール ピーチ&ヨーグルト
種類別 乳等を主要原材料とする食品 乳等を主要原材料とする食品
成分規格 無脂乳固形分7.4%
乳脂肪分0.8%
無脂乳固形分6.8%
乳脂肪分0.7%
希望小売価格 130円(税別) 130円(税別)
内容量 140g 140g
包材・材質 紙カップ、アルミシール 紙カップ、アルミシール
商品サイズ W102×D92×H47(mm) W102×D92×H47(mm)
保存温度 要冷蔵(10℃以下) 要冷蔵(10℃以下)
賞味期限 製造日を含む19日間 製造日を含む19日間
発売日 関東以北地区:7月24日
全国(沖縄を除く):7月31日
関東以北地区:7月24日
全国(沖縄を除く):7月31日
販売エリア 全国(沖縄を除く) 全国(沖縄を除く)
販売チャネル コンビニエンスストア・量販店 コンビニエンスストア・量販店
製造・販売 協同乳業株式会社 協同乳業株式会社
top