2017年1月
頑張る全てのランナーを、バナナにメッセージを書いて応援する
『ドール バナナメッセージキャンペーン』

日本初・バナナ専用ペン「バナペン®(BANAPEN)」登場。

・特設サイトにて、「バナペン®体験者500名募集 ツイートキャンペーン」を開催。

・ランナーズステーションにて、バナペン®を体験できる「バナナメッセージ応援スポット」を設置。

・ドール バナナ自動販売機にて、バナペン®付き低糖度バナナを販売。

株式会社ドール(東京都千代田区 代表取締役社長 渡辺 陽介)は、協賛10年目を迎える  東京マラソン2017に向け、頑張る全てのランナーを、バナナにメッセージを書いて応援する 「ドール バナナメッセージキャンペーン」を立ち上げ、この度、日本初のバナナ専用ペン「バナペン®(BANAPEN)」(特許番号:第6027652号)の提供を開始いたしました。

バナペン

バナペン®は、バナナの皮に直接文字や絵が書くことのできる、日本初のバナナ専用ペンです。バナナの皮の酸化作用を利用し、インクの代わりに透明な食用酢を入れることでバナナの皮に書いた文字や絵が徐々に浮き上がります。長年、幅広い世代に好まれてきた果物のバナナが、バナペン®の登場によって、“メッセージを届けるための手紙”へと進化を遂げます。

今回のキャンペーンは、東京マラソン2017に向けて頑張るランナーを、運動前・中に好まれるさっぱりとした甘さの「低糖度バナナ」にバナペン®でメッセージを書いて応援するもので、2017年1月5日(木)より、特設サイト(URL:https://www.dole.co.jp/bananamessage/)を公開。サイト上では、Twitterと連動した「バナペン®体験者500名募集 ツイートキャンペーン」を開催します。

また、皇居周辺を走るランナーが利用するランニングステーション「JOGLIS(ジョグリス)」では低糖度バナナを無料でサンプリングするとともに、その場でバナペン®を使ってメッセージを書くことのできる「バナナメッセージ応援スポット」をオープン。さらに、渋谷に設置しているドール バナナ自動販売機でもバナペン®付きの低糖度バナナを販売します。

ドールは、これからもスポーツに頑張る人を、バナナを通して応援していきます。

「ドール バナナメッセージキャンペーン」概要

■ 日本初・バナナ専用ペン「バナペン®」とは

ドールがバナナに関する長年の経験を活かし開発した、バナナの皮に直接文字や絵が書くことのできる日本初のバナナ専用ペンです。バナナの皮の酸化作用を利用し、インクの代わりに透明な食用酢を入れることでバナナの皮に書いた文字や絵が徐々に浮き上がります。

【バナペン® パッケージ】

【バナペン® 使用方法】(イメージ)

① キャップを外してバナナの皮に文字や絵を書きます。

② 皮の表面を軽く傷つける感覚で書きます。

③ インクの代わりに透明な食用酢が入っています。書いた後、徐々に色が濃くなります。(目安として約5分 当社調べ)

④ ペン先は太字と細字の2タイプで使い分けられます。

■『ドール バナナメッセージキャンペーン』特設サイト

2017年1月5日(木)より、特設サイト(URL:https://www.dole.co.jp/bananamessage/)を公開。サイト上では、「キャンペーンコンセプト」「バナナメッセージ紹介動画」「バナペン®と低糖度バナナについて」「キャンペーン情報」などを掲載しています。

(参考)低糖度バナナについて

低糖度バナナの特長は、さっぱりとして甘すぎない味わい。ドールでは、スポーツの分野で入賞経験のある800名のアスリートを対象に、運動する際に重視する食べ物や飲み物の味覚について 調査※したところ、約5割のアスリートがスポーツの勝敗や記録 の向上のために“甘い味”より“さっぱりした味”の食べ物や飲み物を求めており、「バナナ」についても、同様の傾向が見られることから、「さっぱりとして甘すぎない」味を好む方に向けて低糖度バナナを販売しました。

低糖度バナナは、低地で栽培することにより、水分が多く、でんぷん質が少なくなるため、糖度が低く抑えられているのが特長です。高地栽培のバナナと比較し、低糖度バナナは約13%程度糖度が低く抑えられています。

低糖度バナナのさっぱりとして甘すぎない味わいは、マラソンなどのスポーツシーンにも 最適です。調査※によると、約4割のアスリートがスポーツ時に果物を食べており、「バナナ」はその中でも最も人気の果物です。さらに、“食べやすい”“後味が残らないから”などの理由から、アスリートはスポーツ前、スポーツ時は「さっぱりとして甘すぎない」バナナを選ぶ傾向にあることが分かりました。

つまり、低糖度バナナはランナーの運動前・中の栄養補給時に相性の良いバナナ。今回のキャンペーンでは、バナナの中でも低糖度バナナにバナペン®でメッセージを書くことで、頑張る全てのランナーを応援していきます。

※調査名:「アスリートが運動時に好む食べ物や味覚調査」/調査主体:楽天リサーチ、調査対象:20~59歳の男女800名、5年以内に何らかのスポーツで入賞経験があり、かつ明確な目標をもってスポーツに取り組んでいる方/実施期間:2015年12月12日(土)~13日(日)
調査方法:インターネット調査 (https://www.dole.co.jp/company_info/news/2016/news_0121.html

「バナペン®」を手に入れるには?

①バナナメッセージをWEB上で“疑似体験”して、バナペン®をゲット!
「バナペン®体験者500名募集 ツイートキャンペーン」

50種類の「バナナメッセージ」動画から好きなメッセージを選んでTwitterの友だちに送ってくれた方の中から抽選で500名様にバナペン®をプレゼント。
※応募締切:2017年1月22日(日)まで
※キャンペーンへのご応募にはドール公式Twitterアカウントのフォローが必要です。

②ランナーズステーションでバナペン®を実際に無料体験!

ランナーズステーションにて、スポーツに最適な低糖度バナナを無料でサンプリングするとともに、バナペン®でメッセージを書くことのできる「バナナメッセージ応援スポット」を設置します。

【「バナナメッセージ応援スポット」概要】

□場所:「JOGLIS(ジョグリス)」内

□住所:東京都千代田区麹町 1-7 FM センター地下 1F

□期間:2017年1月5日(木)~2月25日(土)

□営業時間:平日7:00-22:30 土7:00-19:00 日祝7:00-18:00

□内容:
・低糖度バナナのサンプリング
・「バナナメッセージ応援スポット」の設置
※低糖度バナナの提供は、当日分がなくなり次第終了となります。
・バナナメッセージ ワークショップの開催(1月7日(土)10時~14時予定)

③ドール バナナ自動販売機でバナペン®付き低糖度バナナをゲット!

ドール バナナ自動販売機ではバナペン®付きの低糖度バナナを期間限定で販売します。

【ドール バナナ自動販売機 概要】

□場所:半蔵門線「渋谷駅」3番出口直結

□期間:
2017年1月5日(木)~2月28日(火)
※2016年12月22日よりテスト販売実施中。

□価格:1本150円(バナペン®付き)

<補足資料>
これまで「東京マラソン」で実施したキャンペーンについて

ドールは、2008年の「第2回 東京マラソン」以来、ランナーにバナナを提供するとともに、「東京マラソン専用バナナ(2013年)」「バナナトロフィー(2014年)「ウェアラブルバナナ(2015年)」「低糖度バナナ(2016年)」などユニークなキャンペーンを展開し、国内外で話題となってきました。

・「東京マラソン専用バナナ(2013年)」

フィリピンの極撰バナナ農園でCQO(Chief Quality Officer)の徹底的な品質管理のもと、15カ月以上かけて育てた「東京マラソン2013専用バナナ」の「極撰(ごくせん)」を開発

・「バナナトロフィー(2014年)」

東京マラソン参加者を対象に、バナナの皮に自分の名前とマラソンのフィニッシュタイム、Facebookの友達からの祝福コメントが刻まれる世界にひとつだけの「バナナトロフィー」

・「ウェアラブルバナナ(2015年)」

世界初“食べられるウェアラブルデバイス。完走タイム、心拍数、Twitterで取得した応援メッセージの他、東京マラソン2015コース内4カ所に設けられたドールバナナの給食ポイントを表示するよう設計された

・「低糖度バナナ(2016年)」

アスリート800名を対象に行った調査から生み出されたスポーツ時に好まれる「さっぱりとして甘すぎない」味のバナナ。フィリピン・ミンダナオ島の低地で栽培されたバナナ。水分が多くでんぷん質が少ないため、糖度が低いのが特徴

top