バナナの歴史と時代背景

出来事

ドールのバナナ史

バナナ史

食品業界

1901年

明治34年

 
  • ジェームス・ドールがオアフ島の60エーカーの土地にパイナップルを栽培、ハワイアン・パイナップル社として法人化。成功をおさめ、「パイナップル王」として知られる
   

1903年

明治36年

 

台湾バナナ時代

 
 
  • 台湾のバナナ農園
  • 台湾から日本初のバナナの移入が始まる
  • 基隆 [ キールン ] の商人が神戸港へ7籠 [ かご ](約70Kg)を持ち込む

1908年

明治41年以降

   
  • 商業用バナナの大量移入が始まる
 

大正後期

   
  • 門司港に大量のバナナが荷揚げされ、バナナのたたき売りが始まり全国へ広がる
 

ページトップ