検索結果 14件

バナナ

バナナを長持ちさせるにはどうしたら良いですか? 冷蔵庫に入れると長持ちしますか?

バナナ

直射日光の当たらない、風通しの良い涼しい場所(14~15.5℃)で保存してください。袋は外し、バナナハンガーに吊るしていただくか、バナナのカーブの外側を上にして置いて保存していただくと、果肉の傷みも避けられます。 13.5℃を下回る場所で長時間保存すると、皮が黒ずんだり熟成が止まってしまいます。もし夏場など、冷蔵庫で保存される場合はバナナがお好みまで熟した状態で野菜室に入れてください。また、袋から出して房ごと新聞紙に包み、ビニール袋に入れて保存していただくことがお勧めです。

冷凍庫に入れてもいいですか?

バナナ

必ずバナナの皮を剥き、1本ずつラップに包んで凍らせてください。自然解凍すると元の状態にはならず、軟らかくなりすぎてしまうため、アイスバナナとしてそのまま召し上がるか、ミキサーにかけ、ジュースにしてお召し上がりください。

果肉の中心付近が黒または茶色くなっていて、芯があるように硬いです。食べてしまっても大丈夫ですか?

バナナ

栽培中の天候の急激な変化により、バナナがストレスを受けたこと、もしくは熟成加工の際の温度調節がうまくいかなかったことなどが原因と考えられます。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、味・食感とも良くないと思われるためお召し上がりはお勧め致しかねます。

果肉が乾燥していて硬いです。

バナナ

栽培中の天候の急激な変化により、バナナがストレスを受けたことなどが原因と考えられます。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、味・食感とも良くないと思われるためお召し上がりはお勧め致しかねます。

バナナの皮が割れていて、中身が見えています。

バナナ

生育中に果皮より果肉の肥大が先行した、もしくは急激な温度・湿度の変化により、果皮の水分が失われて収縮し、皮が割れてしまうことがあります。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、見えている部位を除いてお召し上がりいただくことをお勧めします。

果肉に渋みがありました。

バナナ

熟成が進んでいない可能性があります。2、3日様子を見てみていただき、それでも甘くならないようでしたら、バナナの保存温度が低かったために熟成が止まってしまったことが原因と考えられます。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、味・食感とも良くないと思われるためお召し上がりはお勧め致しかねます。

果肉に空洞がありました。

バナナ

生育中に何らかの障害が起こったことなどが原因と考えられます。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、味・食感とも良くないと思われるためお召し上がりはお勧め致しかねます。

果肉が軟らかく、黒くなっています。

バナナ

流通過程で衝撃を受けたことや、追熟加工の際に熟させ過ぎたことなどが原因と考えられます。お召し上がりいただいてもお身体への影響はありませんが、味・食感とも良くないと思われるためお召し上がりはお勧め致しかねます。

いつまで置いておいても皮が黄色くなりません。

バナナ

保存温度が低く、熟成が止まってしまった、もしくは熟成加工をしていないバナナの可能性があります。2、3日様子を見ていただき状態が変わらないようでしたら、ご自宅での熟成は難しいと思われますので、お召し上がりはお控えください。

茶色い液が皮や袋に付着していますが、食べても大丈夫ですか?

バナナ

バナナの房をカットした際に切り口からにじみ出た樹液が酸化した可能性が考えられます。果肉はお召し上がりいただいても問題ありません。